■藩主が休憩、迎賓館にも 藩主の休憩所と同時に、幕府の使者らと面談する迎賓館の役割を果たした欄干御茶屋。4代藩主鍋島吉茂が新築し、8代藩主治茂が解体した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加