ライトアップされ大興善寺に彩りを添える木々=佐賀県三養基群基山町

 佐賀県三養基郡基山町の山あいに建つ大興善寺。紅葉を迎えた木々が鮮やかにライトアップされ、古寺に彩りを添えている。境内へと続く127段の長い石段を登ると、モミジに囲まれた仏閣が夕闇に現れ、訪れた人を幻想的な世界へいざなう。

 奈良時代に僧行基によって開創されたと伝えられる県内で最も古い寺の一つ。本堂裏に開かれた日本庭園には約500本のモミジが斜面に広がり、参拝客はゆったりと散策しながら、夜の紅葉狩りを楽しんだ。

 ライトアップは17日に始まり、今週末の23日~25日に点灯される。17時から20時まで。入園料は高校生以上500円、小中学生300円。=終わり=

このエントリーをはてなブックマークに追加