太良町長選に立候補する理由を説明した山口一生氏=藤津郡太良町内

 任期満了に伴い来年1月に告示される藤津郡太良町長選に立候補することを表明していたまちづくり団体理事長の新人山口一生(いっせい)氏(34)=伊福=が19日、町内で記者会見を開き、「産業の弱まりなど苦しい状況にあるが、夢と希望がたくさんあるまちにしたい」と抱負を述べた。

 山口氏は若い世代が立ち上がり、町を盛り上げていこうとの思いから立候補を決意したと説明した。農家民泊など1次産業を生かした交流人口の増加に取り組む考えを示し、「自然と人が共生する豊かさがある魅力を発信していきたい」と強調した。町出身者がUターンしやすい環境づくりにも力を入れるという。

 町長選は1月29日に告示、2月3日に投開票される。前副町長の永淵孝幸氏(70)=大川内=と町議の田川浩氏(54)=亀ノ浦=が出馬を表明している。

このエントリーをはてなブックマークに追加