JR筑肥線の沿線自治体でつくる筑肥線複線化電化促進期成会(会長・峰達郎唐津市長)は19日、福岡市のJR九州本社を訪れ、今年3月に減便された唐津-伊万里間について、利便性の維持に取り組むよう要望した。

 期成会が毎年提出している要望書に新たに盛り込んだ。同区間が上下各10便から9便に減ったことを受け、「沿線地域への影響を検証し、実情に応じて運行を改善する」「便数をこれ以上減らさない」という2点を求めている。

 要望書では他に唐津-福岡空港間の直通便の増便や駅のバリアフリー化、転落事故防止のためのホームドアの設置などを求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加