核燃料サイクルや乾式貯蔵施設などについて講演した大阪府立大名誉教授の長沢啓行氏(左)=佐賀市の自治労会館

 「核燃料サイクルの破綻と脱原発への道」と題した大阪府立大名誉教授の長沢啓行氏(システム工学)の講演が19日、佐賀市の自治労会館であった。長沢教授は「現代の責任は使用済み燃料をこれ以上生み出さないこと」とし、九州電力が玄海原発(東松浦郡玄海町)で計画している乾式貯蔵施設設置をけん制した。

 長沢氏は、社民党の「脱原発、脱プルトニウム全国連絡協議会」佐賀集会で講演した。特殊な金属容器キャスクで空冷する乾式貯蔵施設で保存できるのは「プールで十分冷却されたもの」と説明、再稼働した原発で乾式貯蔵を認めると「自然冷却できる燃料がプールから搬出され、崩壊熱が高い状態の危険な燃料と置き換えられる」と指摘。プールの冷却水喪失事故の危険性は高止まりするとした。

 その上で「乾式貯蔵施設は長期運転継続のためで、安全確保とは無関係。阻止すれば原発を止めざるを得ない」と持論を述べた。

 全国の社民党関係者ら約70人が参加。玄海原発の現状や、原発事故時の避難計画の問題点なども報告された。

このエントリーをはてなブックマークに追加