紅一点の奥村五百子ら現代へのメッセージを語る「唐津八偉人」=唐津市高齢者ふれあい会館

 ○…幕末明治維新150年で唐津市が選定した「八偉人」が、16日開かれた「ゆめさが大学唐津校」の学校祭に登場した。「婦人会組織が衰退している。みんなで盛り上げを」(愛国婦人会創設者の奥村五百子)と、平成の世にメッセージを送った。

 ○…実践課程7期生が各人物に扮(ふん)し、クイズ形式で業績を紹介しながらアピール。白いひげをたくわえた銀行家の大島小太郎は「唐津の発展のため地元の金融機関をひいきに」、早稲田大第2代学長の天野為之は「苦労ばかりの人生で、楽しみたいからこの学校(ゆめさが大学)に入った」と公私織り交ぜ、語りかけた。

 ○…宮島清一唐津商工会議所会頭による記念講演も「明治維新と唐津の若者たち」と、維新一色。世話役の吉田正人さん(67)は「激動の時代を生きた先人たちの志にもう一度学びたい」。第二の人生を謳歌(おうか)するシニアの心意気や高らか。

このエントリーをはてなブックマークに追加