日本ソフトボール協会は19日、日本リーグの個人表彰選手を発表し、女子1部の最高殊勲選手賞には12勝0敗、防御率0・23でトヨタ自動車の優勝に貢献したモニカ・アボット投手が選ばれた。米国のエースでもあるアボットは最多勝利投手賞、最優秀防御率賞、ベストナイン賞にも輝いた。

 首位打者賞は打率4割3分2厘の塚本智名(トヨタ自動車)が手にした。

このエントリーをはてなブックマークに追加