小城市がまちの魅力をPRする情報発信事業(約7342万円)が国の地方創生関連補助事業で不採択となり、3月議会で補助金を当て込んだ予算を、市の一般財源で補てんする必要が生じたことが分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加