沖縄県は19日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、埋め立て承認を撤回した県への対抗措置として、政府が行った行政不服審査法に基づく審査請求への弁明書を国土交通相に送付した。県は請求の却下を求めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加