メキシコ北西部ティフアナ中心部で、移民受け入れに抗議する地元住民ら=18日(共同)

 【ティフアナ共同】中米諸国から米国を目指す移民キャラバン(集団)が次々到着するメキシコ北西部ティフアナの中心部で18日、地元住民ら数百人が移民受け入れへの抗議デモを行った。メキシコで反移民感情が表面化するのは極めて異例。移民に不寛容なトランプ米政権の主張が波及した形だ。

 「移民は出て行け」「メキシコ第一主義を」。米国と国境を接するティフアナの住民らは18日、目抜き通りの記念碑前でシュプレヒコールを繰り返した。フェイスブックなどでの呼び掛けに応じ、当初数十人だった参加者は、あっという間に数百人に膨れ上がった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加