週明け19日午前の国債市場で一時、長期金利の指標である新発10年債の利回りが0・095%に低下した。取引時間中に0・1%を割り込んだのは8月下旬以来約3カ月ぶり。

このエントリーをはてなブックマークに追加