小城署は18日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、武雄市朝日町甘久、自称会社員(23)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は18日午前6時25分ごろ、多久市南多久町長尾の市道で、酒気を帯びて乗用車を運転した疑い。

 同署によると、信号機のないT字路交差点で、軽トラックと出合い頭に衝突した。呼気からは1リットル当たり0・5ミリグラム以上のアルコールが検出された。

このエントリーをはてなブックマークに追加