「唐津の海は心の原風景だ。歴史小説に挑もうと思った時も、小説の神様に導かれるように、この父祖の地に戻り着いた」。玄界灘に臨む唐津の漁村で生まれ、小学時代までを過ごした作家の北方謙三さん(68)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加