坂道に沿って植えられたモミジが色づき、葉の間からは列車の姿も見える=有田町の陶山神社

 線路が神域を横切り、磁器製の鳥居やこま犬がある有田町の陶山神社では、約4000本のモミジが次々と赤く染まっている。今年は色づきが早かった木もあるが、これから紅葉を迎えるものもあり、見ごろはしばらく続きそう。

 境内の北東部、陶祖李参平の碑に向かう線路沿いの上り坂もモミジの木々に覆われている。陽光を浴びると燃えるように赤く輝く葉の間からは、列車の姿が見え隠れする。

 神社には、紅葉目当ての人たちが絶えず訪れ、広く静かな境内をゆったりと散策して楽しんでいた。

【場所】

 JR上有田駅から西へ進み、有田館などが建つ「札ノ辻」交差点を南へ。駐車場あり。

このエントリーをはてなブックマークに追加