初優勝を果たし、勝利を喜び合う龍谷イレブン=鳥栖市のベストアメニティスタジアム(撮影・鶴澤弘樹)

 第97回全国高校サッカー選手権佐賀大会最終日は17日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで決勝があり、龍谷が3連覇を狙った佐賀東を3-1で下し、初優勝を飾った。

 龍谷は後半12分、MF寺坂洸希選手のゴールで先制。直後に同点に追い付かれたが、途中出場のMF田中琳太郎選手のシュートで勝ち越し、終了間際には寺坂選手が追加点を奪った。

 龍谷は12月30日から東京都などで開かれる全国大会に出場する。

主力のけが補えた 龍谷・太田恵介監督の話

 主力選手のけがを選手たちが全員で補ってくれた。全国大会では堂々と戦うことを意識させたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加