伊万里署は16日、道交法違反の疑いで福岡市の無職の男(47)を逮捕した。容疑は2016年5月、有田町内での無免許運転。約2年半かけての逮捕劇だった。

 16年2月、県警本部に男の情報が寄せられ、5月27日に無免許運転していた男を有田町内で発見。信号で止まった際に警察官が職務質問したが、窓も開けず制止を振り切り逃げた。

 携帯電話の契約、光熱費の支払い、病院の通院-。さまざまな“足跡”をたどる地道な捜査を重ねて、居場所をつかんだ。

 福岡市内の路上で警察官が声をかけると、男は諦めたのか、今度は逃げなかった。「執念の捜査です」と警察幹部。

このエントリーをはてなブックマークに追加