教育に新聞を生かすNIEの実践法について意見交換する佐賀県NIE研究会(会長・富吉賢太郎佐賀新聞社編集主幹)の第16回研究会が12月8日、佐賀市天神の佐賀新聞社で開かれる。小学校から高校まで教職員の幅広い参加を呼び掛けている。

 今回は、新聞活用について学校現場での実践事例の紹介、主権者教育と新聞の役割についての報告と意見交換などを行う。佐賀新聞社の記者も参加し、現状や課題について意見を述べる予定。

 同研究会は2015年9月に発足した自主的な研修グループ。日本新聞協会が委託するNIEアドバイザーの光武正夫さん(唐津市厳木中教頭)を中心に、年4回のペースで開いている。

 当日参加もできる。時間は午後2時から午後4時までの予定。事前の申し込み、問い合わせは、佐賀新聞社NIE推進デスク多久島まで。電話0952(28)2162、ファクス0952(29)5760、メールtakushima@saga-s.co.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加