肥前さが幕末維新博覧会のリレートークショーに出演する明治大教授の齋藤孝氏

 開催中の「肥前さが幕末維新博覧会」に合わせ佐賀県が開くトークショーの第3弾が来年1月6日、佐賀市の県立美術館で開かれる。『声に出して読みたい日本語』の著者で明治大教授の齋藤孝氏を迎え、佐賀藩が誇った「人づくり」について掘り下げる。

 維新博では「人」「技」「志」をテーマに展示内容を構成しており、最終回の今回は「佐賀藩の人材育成術~鍋島直正に学ぶ『人』づくり~」と題し、齋藤氏と、昭和女子大専任講師の重松優氏、維新博を監修した鍋島報效会評議員の大園隆二郎氏が議論を交わす。

 無料だが、事前申し込みが必要。定員(450人)になり次第締め切る。はがきかファクス、維新博ホームページから応募する。問い合わせは佐賀広告センター、電話0952(27)7083。

このエントリーをはてなブックマークに追加