古川裕紀氏

 来春の佐賀県議選神埼市・神埼郡選挙区(定数2)に、元神埼市議で新人の古川裕紀氏(44)=神埼市千代田町=が16日、出馬する意向を明らかにした。同選挙区は現職2人が出馬の意欲を示しており、三つどもえの選挙戦になる公算が大きくなった。

 古川氏は佐賀大卒。会社員を経て2010年に神埼市議に初当選し、14年の市議選は落選した。神埼地区PTA連合会会長、県PTA連合会副会長などを歴任してきた。

 出馬の理由については「将来を担う子どもたちの教育や子育て施策の充実、農商工業の支援など地域を守っていくことに力を注ぎたいと考えた」と話す。

 古川氏は自民党に公認申請をしている。同選挙区では、自民党現職の八谷克幸氏(69)=神埼市神埼町=と、現職で無所属の内川修治氏(66)=同市千代田町=が出馬の準備を進めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加