ホワイトハウスで記者団の取材に応じるトランプ大統領=16日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は16日、中国が貿易摩擦を巡り142項目にわたる是正策を米側に回答したことを明らかにし、中国の貿易慣行が是正されれば、「新たな追加関税を課す必要はないかもしれない」と述べ、制裁対象を中国からの全輸入品に拡大する追加関税第4弾の発動を見送る可能性に言及した。ホワイトハウスで語った。

 トランプ氏は、中国が出した是正策にはまだ満足していないとの考えも示し、中国にさらなる譲歩を求める姿勢を維持。対立緩和につながるかは見通せない。

 米政権は、中国の知的財産権侵害を理由に、輸入品計約28兆円相当分に計3度、追加関税を課している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加