独立行政法人「高齢・障害・求職者支援機構」は、JR鳥栖駅南西にある雇用促進住宅「つばさ鳥栖」を北九州市の不動産会社に売却する。入居者は今後8年間、現在と同じ家賃・条件で住むことができる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加