安田純平さん

 内戦下のシリアで拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリスト安田純平さん(44)に、警視庁公安部が聴取を要請したことが16日、捜査関係者への取材で分かった。聴取内容を踏まえて拘束から解放に至った経緯を分析し、刑法の国外犯規定に基づいて逮捕監禁や略取誘拐容疑などで本格的な捜査に着手するかどうかを慎重に検討する。

 捜査関係者によると「体調が戻ったら話を聞かせてほしい」と伝えた。時期は未定という。

 安田さんは共同通信のインタビューに「体力が落ち、回復している感じではない」と話し、ぜんそくの症状や腰のヘルニアなど健康への懸念を口にしていた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加