バドミントンの香港オープンは16日、香港で各種目の準々決勝が行われ、男子シングルスで桃田賢斗(NTT東日本)がインドネシア選手に2―1で逆転勝ちした。西本拳太(トナミ運輸)もインド選手を2―0で下し、同ダブルスの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)も勝ち上がった。

 女子シングルスの奥原希望(日本ユニシス)はタイ選手に2―1で競り勝ったが、山口茜(再春館製薬所)は敗退した。

 同ダブルスでは米元小春、田中志穂組(北都銀行)が高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)を2―0で破った。福島由紀、広田彩花組(岐阜トリッキーパンダース)も準決勝進出。(共同)

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加