【北京共同】中国商務省は16日までに、ファナックなど日本の工作機械メーカー5社などに対して、反ダンピング(不当廉売)関税を課すかどうかの調査を始めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加