橋口政邦さん

 ことし4月、入団したばかりです。火災などの出動経験はもとより、まだ、訓練らしい訓練も経験しておらず、右も左も分からない状態です。早く一人前になって、先輩方に追いつきたいと思っています。

 入団のきっかけは、地元の先輩に誘われたから。波多津地区は、昔からの知り合いがたくさんいて、入団も自然な流れでした。社会人になると、どこかに所属して団体行動をすることがほとんどないと思います。特に私は自営業なので、消防団での活動はよい刺激になっています。私は、地元の野球チームに入って、練習や試合に出ていますが、野球チームのメンバーにも、消防団に所属する人がたくさんいて「いつかは自分も」と思っていました。

一糸乱れぬ隊列を組んで訓練に臨む伊万里市消防団員

 消防団に入る前は、年末に火災予防の警戒で寒い中、町内を練り歩いて呼びかける姿や、消化器の点検などに来てもらったりととてもお世話になりました。今度は自分が地域のためにお役に立つ番です。波多津分団第1部は、全体的にメンバーが若く、溶け込みやすかったです。まだ経験は浅いですが、これから訓練を重ねて、地元のために貢献したいと思います。

先輩から激励メッセージ

橋口君は、先輩団員に対してとても礼儀正しいです。ただ言うことをきくだけでなく、分からないことがあったら積極的に尋ねてくるところも好感が持てます。入団間もないので、整列の仕方や号令に合わせて動くなど、基本的なことから学んでもらっていますが、ゆくゆくは団を引っ張っていく原動力となってほしいですね。ここ数年、火災以外にも大きな自然災害がいつ起こってもおかしくない状況です。地域とのつながりをさらに密にして、頼られる、頼もしい存在になってほしいですね。(伊万里市消防団波多津分団第1部・部長 青木克興さん)
 

このエントリーをはてなブックマークに追加