死去したロナルド・ドーア氏

 日本研究で知られる英国の社会学者で、ロンドン大名誉教授のロナルド・ドーア氏が13日、イタリア・ボローニャの病院で死去した。93歳。英ボーンマス出身。客員を務める日本学士院に連絡があった。呼吸障害で入院中だったという。

 第2次大戦中に日本語を学び、1950年に東京大に留学。ロンドン大東洋アフリカ研究学院を卒業後、英サセックス大教授などを歴任。近現代の日本における労使関係や教育など、さまざまな分野について、各国との比較研究を行った。

 カナダや米国などでも教壇に立った。著書に「学歴社会」「日本型資本主義と市場主義の衝突」「幻滅」など。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加