【シンガポール共同】ペンス米副大統領は15日の東アジアサミットで、南シナ海での「軍事化は違法だ」と中国を非難、中国の李克強首相は、紛争に第三国は介入するべきではないと主張した。東南アジア諸国連合(ASEAN)外交筋が明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加