収穫したイチゴ新品種「いちごさん」をパックに詰める生産者=15日朝、佐賀市三瀬村

収穫したばかりのイチゴ新品種「いちごさん」。朝日を浴びて輝く=15日朝、佐賀市三瀬村

 佐賀県産イチゴ20年ぶりの新品種「いちごさん」が15日、初出荷を迎えた。鮮やかな赤色や美しい形、ジューシーな甘さが特長で、味や実の色づきともに順調といい、目標とする全国トップブランドに向け、関係者の期待は高まっている。

 標高約400メートルの佐賀市三瀬村で栽培する平川乙次さん(71)は、他の地域より1カ月早い8月後半に定植を終え、一足早く収穫時期を迎えた。この日は午前5時ごろから、平川さんが計10アールのハウス内で赤く色づいた実を丁寧に摘み取り、妻の清美さん(67)が大きさをそろえてパック詰めした。平川さんは「いいあんばいに育っていて、他の品種には負けないイチゴができた。誇りと自信を持って消費者にお薦めしたい」と話した。

 初日の出荷量は約100パックで、佐賀市大財のJAさが・さが風土館季楽直販本店で販売される。

 今後随時、他の生産者も出荷を始め、首都圏デビューは12月になる予定。「いちごさん」は初年度、県内166戸の生産者が約18ヘクタールで栽培し、約900トンの生産量を見込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加