富士大和森林組合(杉山利則組合長)が森林整備事業の補助金を不正受給していた問題で、組合が佐賀市から返還を求められていた5878万円を納付したことが1日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加