任期満了に伴い来年1月に告示される藤津郡太良町長選に、町議の田川浩氏(54)=2期、亀ノ浦=が14日、無所属で立候補する意向を表明した。町長選を巡っては前副町長の永淵孝幸氏(70)=大川内=、まちづくり団体理事長の山口一生氏(34)=伊福=が出馬表明しており、三つどもえの選挙戦になる公算が大きくなった。

 田川氏は太良町出身で鹿島高―富山大卒。富山県や東京での広告代理店勤務を経て、1993年から実家の商店を経営している。2003~05年は町商工会青年部長を務めた。11年に町議に初当選し、現在2期目で監査委員。11月末をめどに議員は辞職するという。

 取材に対し「食や自然という長所を磨き、新しいことを積極的に企画する町にかじを切っていきたい」と述べた。

 町長選は1月29日告示、2月3日投開票の日程で実施される。前回と前々回は無投票で、選挙戦になれば12年ぶりになる。現職の岩島正昭氏(72)=3期=は不出馬の意向を示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加