自宅で療養中の患者や家族を支える「地域ケアボランティア」の養成講座が小城市のひらまつ病院で開かれている。本年度は9月に始まり、市民ら32人が月2回のペースで座学と実習を受講。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加