青森県むつ市で使用済み核燃料の中間貯蔵施設を運営するリサイクル燃料貯蔵が、今年後半としていた燃料搬入を始める目標時期を「未定」とする方針であることが14日、原子力規制委員会への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加