九年庵への来場を呼び掛ける神埼市のゆるキャラ「くねんワン」(右)と「くねんニャン」=神埼市役所

 紅葉の名所として有名な国の名勝「九年庵」(神埼市神埼町)で15日から、秋の一般公開が始まる。23日までの9日間で、市商工観光課は約7万人の人出を見込み、「天気の影響で紅葉が早まっている。さまざまな赤を見ることができ、早めの観賞がおすすめ。平成最後の九年庵を楽しんで」と来場を呼び掛ける。

 「九年庵」は春と秋の年2回、一般公開を実施している。新緑のすがすがしさを味わうことができる春とは異なり、秋は紅葉と庭園に生えるコケとの共演を楽しむことができる。

 公開時間は午前8時半から午後4時まで。美化協力金として300円が必要(中学生以下無料)。マイカーでの来場は、吉野ケ里公園臨時駐車場を利用し、無料のシャトルバスで会場まで行くことができる。問い合わせは市商工観光課、電話0952(37)0107。

このエントリーをはてなブックマークに追加