7月の西日本豪雨の直後、佐賀県多久市東多久町別府の放牧用地で盛り土が大規模に崩落し、佐賀県が、佐賀市の土砂搬入業者と土地所有者に対し流出した土砂の撤去と再発防止策を講じるよう行政指導していたことが、…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加