記者会見する茂木経済再生相=14日午前、内閣府

 内閣府が14日発表した2018年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0・3%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は1・2%減となり、2四半期ぶりにマイナス成長に転じた。西日本豪雨や北海道地震などの災害が響いて個人消費が振るわず、訪日外国人観光客の落ち込みも重なって輸出が減少。企業の設備投資も停滞した。

 不振の要因には年率3・0%のプラス成長を記録した4~6月期の反動もあり、災害の影響が和らぐ10~12月期に持ち直すかが焦点となる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加