13日午前8時半ごろ、九州自動車道下り線の基山パーキングエリア(PA)から南に約500メートル付近で事故が相次ぎ、下り線に約12キロの渋滞が発生している。

 県警高速隊によると、現場は片側3車線。追い越し車線を走行中の乗用車が、中央分離帯のガードレールに衝突し、その後方で別の追突事故が2件発生した。けが人はいないという。

このエントリーをはてなブックマークに追加