地域一帯を宿と捉える観光地づくりについて話した吉澤さん=佐賀市の三瀬保健センター

 農山漁村の観光地づくりを探るセミナー(佐賀市「三瀬村農泊推進協議会」主催)がこのほど、佐賀市の三瀬保健センターで開かれた。地域資源を生かしたゲストハウス運営など九州各県で観光振興に携わる事業者らが取り組み事例を発表した。

 宿泊設備がないゲストハウス「阿蘇び心」(熊本県阿蘇市)の吉澤寿康代表が、地域一帯を宿と捉える観光地づくりを語った。ゲストハウスがある阿蘇市上西黒川地区は商店街もない農村集落。ゲストハウスはホテルのフロント役を担っており、観光客に手作りの地図で宿泊施設のほか、地元住民も利用する野外図書館や納屋シアターなど各施設を案内し、観光客と地元住民の交流にもつなげている。

 吉澤さんは「安価な宿泊料ではなく、風土を生かした価値や体験が重要視されつつある。長期滞在する仕組みをつくり、地域の魅力を知ってもらい、リピーターづくりにつなげて」と話した。

 福岡県岡垣町で宿泊施設や飲食店、ウエディングを手掛ける「ぶどうの樹」の加悦典子氏は、地元産を最大限に活用する大切さや地元農家と連携した6次産業化の取り組みを紹介。そのほか、鹿児島県で修学旅行を民泊で受け入れる体制づくりや佐賀市で国際交流に力を入れるゲストハウス「HAGAKURE(はがくれ)」運営の発表もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加