準決勝・国見-西有田 2回裏西有田2死三塁、2番飯田憲人が遊撃へ適時打を放ち、2-0とリードを広げる=佐賀市のみどりの森県営球場

準決勝・武雄北-鳥栖 2回裏1死、浅めの飛球を武雄北の右翼大宅悠介が好捕する=佐賀市のみどりの森県営球場

 第20回プロ野球県人会ドリーム旗争奪中学生軟式野球大会(佐賀県出身プロ野球県人会・佐賀新聞社主催)第5日は11日、佐賀市のみどりの森県営球場で準決勝2試合があり、西有田と武雄北が決勝へ駒を進めた。

 西有田は二、五回に打者一巡の猛攻を見せるなど打線が爆発。守備でも国見を抑え、9-0で勝利した。武雄北は鳥栖を散発2安打に抑えて三塁を踏ませず、少ない好機を生かして2-0で競り勝った。

 決勝は17日午前9時半から、みどりの森県営球場で行う。

 

 ▽準決勝
国見  000 000 0-0
西有田 141 030 ×-9
(国)田中、池田翔-山浦
(西)和田、土谷-林、川久保泰
▽三塁打 山口(西)▽二塁打 林、和田(西)

武雄北 000 010 1-2
鳥栖  000 000 0-0
(武)山口享-小栁
(鳥)有馬-岩崎
▽三塁打 久保諒(武)

このエントリーをはてなブックマークに追加