準決勝・龍谷-佐賀北 前半、先制点を決める龍谷FW出口陸(右)=県総合運動場陸上競技場

準決勝・佐賀東-鹿島 後半、追加点を決める佐賀東MF寺﨑敦彦=県総合運動場陸上競技場

 第97回全国高校サッカー選手権大会佐賀大会第5日は10日、佐賀市の県総合運動場陸上競技場で準決勝2試合があり、大会3連覇を狙う佐賀東と県新人大会優勝の龍谷が決勝に進んだ。

 佐賀東は前半24分、FW福田洋介のゴールで先制。1点リードで折り返した後半はMF寺崎敦彦のゴールで1点を加えると、後半から入ったFW福田晃久が2点を挙げる活躍を見せ、鹿島を4-0と圧倒した。

 龍谷は前半10分、FW出口陸のゴールで先制し、同30分にFW松尾亮汰が追加点を挙げて優位に試合を進めた。佐賀北は同37分、MF益田陸のゴールで1点を返したが、後半に追加点を奪うことはできなかった。

 最終日は17日午後1時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムで佐賀東-龍谷の決勝がある。

 

 ▽準決勝

佐賀東  4 1-0 0 鹿  島

       3-0

 

龍  谷 2 2-1 1 佐賀北

       0-0

※鹿島は鹿島実・鹿島・鹿島新(1年生)の合同チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加