フレッシュブラスステージで堂々と演奏する佐賀市中学校合同バンド=佐賀市

 音楽や演劇、ダンスなど多彩な芸術が一堂に会する「第6回佐賀市民芸術祭」が9日から佐賀市文化会館で開かれている。2日目の10日はブラスバンドのステージやダンスなどがあった。11日まで。

 「パフォーミングアーツミックスSAGA」と題して10日に開かれたステージでは、現代邦楽や朗読ミュージカル、歴史寸劇などバラエティー豊かなラインアップで観客を魅了した。ダンサーのMaikoさんは、テンポの速い曲に合わせ軽快で切れ味のあるダンスを見せていた。

 フレッシュブラスステージでは、昭栄中のメンバーらで構成された「佐賀市中学校合同バンド」が東京オリンピックのマーチなどを披露した。佐賀清和高や福岡工業大附属城東高の吹奏楽部も演奏し、会場を盛り上げた。

 最終日の11日は、京都フィルハーモニー室内合奏団と歌手渡辺真知子さんが「かもめが翔んだ日」「迷い道」などの名曲を披露する。

このエントリーをはてなブックマークに追加