女子シンクロナイズドで優勝した森(左)、宇山組=サンクトペテルブルク(AP=共同)

 女子シンクロナイズドで優勝し、金メダルを手に笑顔の森(右)、宇山組=サンクトペテルブルク(共同)

 【サンクトペテルブルク共同】トランポリンの世界選手権第3日は9日、ロシアのサンクトペテルブルクで行われ、非五輪種目のシンクロナイズド決勝で女子は予選を1位通過した森ひかる、宇山芽紅組が48・340点をマークし、全種目を通じて日本女子初の金メダルを獲得した。予選の得点は持ち越さずに8組で争われた。

 これまでは昨年の個人で岸彩乃、シンクロナイズドで森、高木裕美組の2位が最高だった。日本男子は団体で1度、シンクロナイズドで3度の世界一に輝いている。

 最終日の10日は男女個人の準決勝、決勝を実施する。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加