目録を受け取る受贈者=佐賀市の県社会福祉会館

 生命保険協会佐賀県協会(川本賢哉会長)は6日、社会貢献活動の一環で会員から集めた浄財で、神埼市社会福祉協議会に福祉巡回車両1台、6障害福祉サービス事業所に活動を支援する物品を贈った。

 県社会福祉会館で開かれた贈呈式で、川本会長が「それぞれの利用者の自立支援などに役立ててもらえれば」とあいさつ。各団体の代表に目録を贈呈した=写真。神埼市社会福祉協議会の江口勝利会長は「各地区の高齢者を対象とした生きがい活動の送迎に活用したい。活動により一層力を入れていく」と感謝した。

 寄贈は1991年に始まり、本年は会員16社約2千人から浄財を募り、約100万円が集まった。

このエントリーをはてなブックマークに追加