佐賀競馬(佐賀県鳥栖市)は10日から、走路照明設備を使用し、最終レースの発走時刻をおおむね午後6時10分前後に実施する「イブニングレース」を始める。

 佐賀県競馬組合は中央競馬の開催後にレースを行えば収益が見込めるとして、2017年度に約5億円をかけて走路に照明設備を整備した。

 レースは第1競走が午後0時15分に発走。最終競走がおおむね、日没後の同6時10分前後に発走する。午後4時半ごろに終了する中央競馬に比べて、より遅い時間帯までレースを楽しんでもらうことができるようになった。

 イブニングレース開始キャンペーンとして、10、11、16、17日の4日間に来場した各日先着500人(合計2千人)にオリジナルのLED付きボールペンをプレゼントする。問い合わせは電話0942(83)4538。

このエントリーをはてなブックマークに追加