佐賀県高校野球連盟(碇浩一会長)は7日、来春開かれる第91回選抜高校野球大会の21世紀枠に鹿島を推薦したと発表した。12月14日の九州地区理事会で九州・沖縄各県の推薦校8校から1校が選ばれ、来年1月25日に21世紀枠出場の全国3校が決定する。

 鹿島は昨夏の佐賀大会で4強、今秋の佐賀大会で8強入りするなど近年好成績を残しており、文武両道を高いレベルで実践している点も評価された。夏の甲子園には過去2回出場。1960年は当時県内初となるベスト4まで勝ち進んだ。21世紀枠での出場が決まれば春の甲子園は初となる。

 選抜大会は来年3月23日に開幕する。

このエントリーをはてなブックマークに追加