県内の交通人身事故の発生件数のうち、管内はその35%を占める。前任は交通部長で、事故減少に懸ける思いは強い。あいさつ回りでは、追突事故が多発する国道34号の対策「前を34(見よ)作戦」を欠かさずPR。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加