鳥栖-長崎 前半、相手ゴール前に攻め込む鳥栖FWトーレス(手前)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 明治安田生命J1リーグ第31節最終日は4日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで2試合があり、サガン鳥栖はV・ファーレン長崎に1-0で完封勝ちした。今季2度目の2連勝で、通算成績は9勝9分け13敗(勝ち点36)。順位は一つ上がって暫定15位。 

 札幌が三好のゴールで仙台に1―0で競り勝った。勝ち点を51とし、来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を得る3位につけた。仙台は5試合勝利がなく、同42で10位。

 第32節は6、10の両日にあり、鳥栖は10日午後2時から神戸市のノエビアスタジアム神戸でヴィッセル神戸と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加