長崎に勝利し、喜ぶ鳥栖イレブン=ベアスタ

 鳥栖はMF原川が挙げた1点をチーム一丸で守り抜き、価値ある勝ち点3を手にした。

 鳥栖は前半、三丸、小林の両サイドバックが積極的に攻撃に絡んだが、得点できず。再三のピンチではGK権田が抜群の集中力を見せた。37分の直接FKはジャンプして好捕し、43分の長崎FWファンマの強烈なヘディングシュートは巧みにセーブした。

 鳥栖は後半15分、原川がゴール前の浮き球に体ごと飛び込み、頭で押し込んで先制した。その後は長崎の両サイドからのクロス攻撃を受けたが、権田やDFオマリら守備陣が最後まで体を張って得点を許さなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加