唐津くんちの11番曳山(やま)「酒呑童子と源頼光の兜」を持つ米屋町の計らいで宵曳山当日の2日、園児たちが曳(ひ)き子体験をした。唐津っ子には憧れの曳き子だが、町と縁がなければ曳けない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加