自動車整備や建築分野などの若手技術者を養成する多久市の県立産業技術学院で8日、入校式があった。18歳から29歳までの53人が、自動車工学科や機械技術科など5分野で「ものづくり」の習熟を高めていく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加