給食で提供された太良町産和牛のハンバーグ=太良町の多良中学校

 太良町内の小中学校で10月31日、地元産の一級食材をふんだんに使った「たら産給食」が提供された。メインは町産黒毛和牛を使った「ハンバーグ」。多良中では、岩島正昭町長らが生徒と一緒にジューシーな味を堪能した。

 ハンバーグはジャポネソースを絡めた深みのある味わい。副菜やみそ汁と合わせて配膳された。タマネギやホウレンソウ、大根、ショウガ、シイタケは全て太良町産を使った。米は新米で締めは「たらみかん」。多良中3年の岩永亜華音さんは「とにかくおいしい」と笑顔を見せ、竹下璃紀君は「ソースがアクセントになっていた」と話した。

 町は子育て支援の一環で、給食760人分を無料で提供しており、さらに各学期に1回、食材購入費を町が上乗せして地元産食材を充実した給食を出している。

このエントリーをはてなブックマークに追加